2010年01月18日

<箕面のサル>メロンパンの攻防は続く(毎日新聞)

 大阪府箕面市の景勝地、箕面大滝の前に1匹のサルがほぼ毎日姿を見せ、店先のパンを失敬している。ちょっと困り者だが、メロンパンが大好物なことから、地元では「メロンちゃん」の愛称で親しまれている。今年、箕面のサルとしては過去最高齢の30歳になる、このおばあちゃんザルに会いに行った。【三角真理】

【写真特集】サルが団子のようにいっぱい 毎日動物園

 ◇老いに負けず

 滝の前の売店「むさし」経営者、酒巻和子さん(60)によると、約4年前、1匹の雌ザルが突然現れた。「毛がほとんどなくて、やせ細っていて、猫かキツネが死にそうになっているのかと思った」という。観光客が菓子パンをやると4個ほどたいらげた。その後、毎日のように菓子パン、とりわけメロンパンを狙いに現れるようになった。

 酒巻さんが店を開けるのは午前10時ごろ。大雨の日を除き毎日営業する。菓子パン類は、たこ焼きや焼きもちなどと店先に並ぶ。

 メロンちゃんが姿を見せるのはお昼ごろ。酒巻さんが冷蔵庫を開けたり接客をしているすきに、メロンパンを取る。2個目を取りに来ることもしばしば。

 地元でおなじみの光景となり、「メロンちゃん、今日はもう来た?」があいさつ代わりに。酒巻さんも「商品だから、取られたくないですよ。でも、ほかのサルだったらごっそり取って行くのに、メロンちゃんは控えめで1個ずつ。姿を見ないと心配にもなって」と親近感も覚えている。

 ◇病にも負けず

 箕面大滝を含む明治の森箕面国定公園内には現在、約600匹のニホンザルがすみついている。箕面市はすべてに名前をつけて管理しており、寿命は25歳前後という。メロンの正式名は「ユンタ’72’80」。祖母の名がユンタで、母が1972年生まれ、自身が80年生まれだからだ。

 メロンは右目が白内障。雌ザルが1匹で行動することはほとんどないため、箕面市教委文化財保護担当の河原弘明専任参事は「高齢で認知症が出ているのでは。ここにきたらパンがあると思って出てくるのだろう」と推測する。

 ◇脇目も振らず

 12月下旬の午後0時半ごろ。滝の前には地元の人や観光客5、6人がいた。「来た、来た」。酒巻さんや地元の人が山の斜面から下りて来たメロンに気付く。店の前にちょんと座ったメロン。酒巻さんが見つめると、あっちを向いたり、お尻をかいたり。

 ところが、酒巻さんがたこ焼きをひっくり返しに横に移動すると、メロンは突然、メロンパンに手を伸ばしてきた。「だめよ!」。酒巻さんは瞬時に、体でパンを覆う。メロン失敗。しかし、しらっとした顔で、再び後ろを見たりする。酒巻さんが今度はフランクフルトの焼き具合を見ていると、再びメロン、パンに手を伸ばす。酒巻さんが阻止。何度目かに、酒巻さんのスタートが遅れ、メロンがメロンパンを奪い取った。

 そして、店の横にある高さ約3メートルの岩に登り、ビニール袋を破ってメロンパンを両手で握ってパクパク。「本当においしそうに食べるでしょ」。酒巻さんは笑って見つめた。約30分後にまた姿を見せ、再びメロンパンを食べた。

 酒巻さんによると、メロンはみたらしだんごやフランクフルトには全く関心を示さない。菓子パンでも、以前クリームパンを取ったときは、「クリームで手がベトベトになったのが嫌だったみたい」で残した。チーズ入りパンも残した。

 酒巻さんは「4年前に比べたらお肌も毛もツヤツヤになった。メロンパンって体にええんかもしれんね」と見ほれている。

………………………………………………………………………………………………………

 ◇箕面のサル

 箕面のサルは1956(昭和31)年に国の天然記念物に指定された。箕面市によると、当時は約90匹だったが年々増加。それとともに人の食べ物を奪ったり、土産店を荒らすなどの危害も目立つようになり、76年には人とのトラブルが年間300件以上にのぼった。

 人とサルの距離を離すため、箕面市が78年から山奥での餌付けを始め、現在は大半が山の中で暮らす。しかし観光客らの餌やりはなくならず、高カロリー摂取により出産頻度が2〜3年に1度から、毎年になるなどし増加抑制が効かない。現在の生息数は適正数の約3倍という。こうしたことから箕面市は今年4月、餌やり禁止条例を施行、悪質な違反者には1万円以下の過料を科す。

【関連ニュース】
【写真特集】「会いに来て、プピ♪」 人工保育のオランウータン公開中 神戸・王子動物園
【写真特集】人間と共生する猫たち 十猫十色で悠々自適
【写真特集】壮絶! ウマヅラハギに襲われるエチゼンクラゲ
サル被害:1割増95万円−−09年度・むつ市 /青森

シー・シェパード 衝突海域で矢を回収 水産庁(毎日新聞)
クリントン氏「現行案がベストだ」 日米外相会見詳報 (産経新聞)
「浅井」社長に有罪=事故米不正転売−名古屋地裁(時事通信)
政府、ハイチに500万ドル上限の緊急無償資金協力(産経新聞)
「待ち伏せし暗証番号聞いた」=ATMの男が供述−千葉大生殺害放火(時事通信)
posted by ちきちきまん at 16:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

<センター試験>東海3県は5万人64会場で(毎日新聞)

 大学入試センター試験が始まった16日、東海3県では約5万2400人が64会場で試験に臨んだ。このうち約1700人が受験する名古屋市千種区の名古屋大キャンパスでは、午前8時の開門と同時に、緊張した表情の受験生たちが続々と会場に入っていった。

 校門周辺では高校ごとに「必勝」の鉢巻きをした先生が受験生にチョコレートやあめを配ったり、激励の集会を開いたりした。【稲垣衆史】

実験中に爆発 6人負傷か 東京の巣鴨学園(産経新聞)
【揺らぐ沖縄】名護市長選告示まで1週間 容認でも反対でも普天間に「壁」(産経新聞)
「密約」取りまとめ延期=外相経験者から聞き取りも−有識者委(時事通信)
坂本龍馬 ゆかりの「平成いろは丸」就航 広島(毎日新聞)
日米同盟深化が肝要=自衛隊幹部に訓示−鳩山首相(時事通信)
posted by ちきちきまん at 00:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

雑記帳 破格の命名権継続 ジェフ千葉ホーム(毎日新聞)

 医療用電子機器メーカー「フクダ電子」(東京都文京区)は12日、Jリーグのジェフユナイテッド市原・千葉のホーム球技場「フクダ電子アリーナ」について、所有する千葉市と命名権契約継続で合意した。

 ジェフ千葉は前身の古河電工時代から一度も2部リーグ陥落がない唯一の古豪だったが、昨年J2降格が決定。今年は試合数やメディア露出が減るため、宣伝効果が低下するとして契約解除が危ぶまれていた。

 09年度に1億円だった通称「フクアリ」の命名権は、10年度は6000万円。市によると、J2チームの本拠地は2000万〜3000万円が一般的とか。破格の厚意は、悲願のJ1復帰に向け、福あり?【斎藤有香】

【関連ニュース】
J1:千葉が16試合ぶり勝利 平山退場のFC東京は連敗
J1ガ大阪:山崎が広島へ、倉田が千葉へ期限付き移籍
J1大分:初めてDF池田ら4選手と来季の契約更新
J2東京ヴ:千葉からMF佐伯が加入
サッカー:J2降格の千葉 再建へ体制刷新、危惧の声も

女子高生に路上で体液 容疑の23歳逮捕 東京・大田区(産経新聞)
首相動静(1月10日)(時事通信)
マグロ刺身に針混入 埼玉のスーパー(産経新聞)
列車到着時刻の確認怠る=12人けがの衝突事故−北海道(時事通信)
鳩山首相、武器輸出三原則見直し論「口が軽過ぎ」(産経新聞)
posted by ちきちきまん at 06:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。