2010年01月07日

159年の歴史に幕=東北初の洋式ホテル−仙台(時事通信)

 創業1850年の老舗「仙台ホテル」(仙台市青葉区)が31日、159年の歴史に幕を下ろした。東北初の洋式ホテルとして一時は人気を博し著名人も宿泊。しかし、外資系ホテル参入や施設老朽化とともに利用客が減った。建物は2010年2月に取り壊される予定。
 仙台ホテルは江戸時代、仙台藩領の城下町にはたごを創業したことにさかのぼる。1896年には東北初の洋式ホテルに生まれ変わり、1964年の建て替えで、地上9階、地下2階、客室113室を数えるホテルになった。
 同ホテルによると、物理学者アインシュタイン博士が来日した際にも宿泊したという。
 しかし、外資系ホテルなどの相次ぐ参入、日帰り出張の増加、宴会場利用の減少で経営は低迷。老朽化した建物の改修費ものしかかり、廃業が決まった。
 45年間勤めた鈴木尚太郎総支配人(67)は「皆さまの節目節目のお手伝いをさせてもらった」と寂しそうに話した。
 同ホテルの敷地を含むJR仙台駅西口前の約3800平方メートルは今後、再開発される。 

【関連ニュース】
国産材使用、公共建築物で義務付け=森林整備へ新法制定
財政支出、最大で8兆円=円高対策で大幅上積み-2次補正予算
経産、環境両省と協議=住宅エコポイント制度で
重点分野に雇用、環境、景気=2次補正予算の指針決定
エコポイント制度継続に前向き=エコカー購入補助も

バラ色の日々
やすおのブログ
2ショットチャット
クレジットカード現金化
現金化口コミ
posted by ちきちきまん at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。