2010年02月07日

小沢氏、米要人と2日に会談=普天間問題で意見交換(時事通信)

 民主党は1日、小沢一郎幹事長がキャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)と2日に会談すると発表した。キャンベル氏側の求めによるもので、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、小沢氏の意向を探る狙いがあるとみられる。一方、小沢氏が応じた背景には、自身の政治資金に関する検察の捜査がヤマ場を迎える中でも職責を果たす姿勢を示す意図もありそうだ。
 会談は国会内の民主党幹事長室で行われる。キャンベル氏は、日米の外務・防衛担当局長級による2日の「日米安全保障高級事務レベル協議」(SSC)に出席するため来日。米側は中国重視の言動が目立つ小沢氏の姿勢を憂慮しており、会談では日米同盟についても意見交換するとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜ゼネコン側、妨害恐れ献金〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

離陸滑走中、NZ機が急停止・車輪から煙…成田(読売新聞)
「適当でなかった」と釈明=神戸事件の発言で−亀井郵政担当相(時事通信)
報償費「上納」認める=外相、違法性は否定−政府(時事通信)
【視点】首相施政方針演説 軽い言葉 見えぬ信頼(産経新聞)
午前9〜10時に殺害か=同居の男、電器店に立ち寄る−鳥取不審死(時事通信)
posted by ちきちきまん at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。